TV,雑誌で話題の南雲先生監修あじかん焙煎ごぼう茶口コミ

あじかんごぼう茶口コミ評判

ナグモクリニック総院長南雲吉則先生監修の、つくば山崎農園でつくられたあじかん焙煎ごぼう茶あじかん焙煎ごぼう茶口コミの口コミ評判まとめです。初回限定キャンペーンで特別お試しサイズ7包入りが600円(税込,送料無料)にて購入できます。1包あたり86円のコスパの高さでテレビや雑誌で話題の食物繊維とポリフェノールをたっぷり摂取できるお茶をお試しできます。



ごぼうの3つの不溶性食物繊維とは?

ごぼう特有の歯ごたえのもとこそが、リグニン、セルロース、ヘミセルロースといった3つの不溶性食物繊維なのです。リグニンは、消化吸収されずに腸内を通過します。 その際、腸を刺激し、腸の蠕動運動を活発に。その結果、便秘を改善し、 大腸の疾病を予防しますJ便の中 には脂肪の吸収を助ける消化液の胆汁酸が混ざって います。この胆汁酸に悪雫菌が働きかけると、二次胆汁酸と呼ばれる発ガン物質に変化します。これが大腸炎を引き起こします。不溶性食物繊維がこれら二次胆 汁酸を吸着、排出するため大腸炎を予防できます。

排便促進効果

不溶性食物繊維は水に溶けず、水分を吸収してふくれ、腸壁を刺激して便の排泄を促進します。その結果、発 がん物質の腸内での濃度を下げ、発がんリスクを下げます。

肥満防止効果

水分を吸収して膨張し、食べ物のかさが増え満腹感を感じられます。 また、不溶性食物繊維はよく噛む必要があるため、食べ過ぎを防ぐという嬉しい効果もあり、歯茎や顎を強くする働きを持っています。

ごぼうの水溶性食物繊維「イヌリン」とは?

ごぼうに含まれる水溶性食物繊維がイヌリンです。水分保持機能が高く、ドロドロとした粘性(ムチン)があるため腸内をゆっくりと移動するのが特徴です。小腸での糖質の吸収を 抑制し、血糖値の急激な上昇を抑えます。さらに腸内ではコレステロールや胆汁酸を吸着させて排出する働きを持っています。これがコレステロールの吸収・再利用を防ぐ効果を発揮するのです。
またイヌリンには利尿作用があり、腎機能を高める効果も期待されています。

善玉菌サポート

水溶性食物繊維は腸内フローラ (細菌が群がり生えている所) を改善する働きがあり、善玉菌の活動を支える働きを持ちます。

コレステロール値上昇の抑制

水溶性食物繊維は血中LDLコレステロールの上昇を抑え、不要な体内コレステロールの代謝・ 排泄を促す働きを持っています。

血糖値上昇抑制

水溶性食物繊維は高い粘性を持つため、腸内の内容物の拡散速度と移動速度を遅くします。その結果、グルコースの吸収・インスリンの分泌が緩やかに。糖尿病予防に役立ちます。

あじかん焙煎ごぼう茶で血糖値上昇を抑制できた50代男性の口コミ

あじかん焙煎ごぼう茶はアンチエイジングで有名な、南雲先生が推奨している健康茶です。私は少し肥満傾向のある50歳代の男性ですが、独身ということもあって外食する機会が多く、仕事柄夜のお付き合いなどから、高カロリーの食事をとることが多いのです。元々肝機能が弱いこともあって、食生活には気を付ける必要があるのですが、30歳代までは若さで乗り越えられました。しかし40歳を超えたあたりから、疲労感や倦怠感も出てきて、健康診断でも肝機能と血糖値に問題有りと診断されてしまいました。

運動嫌いで食事大好きの私が、楽をして血糖値を下げる方法として見つけ出したのが、ごぼうの健康茶を飲むことです。その中でもあじかん焙煎ごぼう茶は、効果が抜群にあると言えます。普通のお茶とは粘度が明らかに違って、食物繊維の多さが感じられます。ごぼうの成分がしっかりと入っている証拠でしょう。

飲んですぐに効果が出る訳ではありませんが、最初に感じるのはお腹がすっきりしてくることです。便通が良くなって体の中の悪いものがどんどん排出されているようですよ。そして、少しずつですが、体の調子も良くなっていき食べる物にも気を使うようになるでしょう。健康診断の血糖値も良好で、以前は糖尿病予備軍でしたが、今ではすっかり健康優良児です。



[最終更新日]2016/08/30

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る