簡単!鳥ハムの黒酢玉ねぎドレッシングがけ

image

鶏胸肉は安くてカロリーも低いのでダイエットなどしているときにはありがたい食品ですよね。

でも、鶏胸肉独特のパサパサ感は苦手という方は多いのではないでしょうか?

今回はそんな鶏胸肉を簡単にしっとりとした食感に仕上げる方法と、それにピッタリなすりおろし玉ねぎのドレッシングをご紹介したいと思います。

玉ねぎの辛み成分の効能

玉ねぎの辛み成分である硫化アリルは非常に揮発性の高い成分で、玉ねぎを切った時に涙がでるのはこの成分が原因です。硫化アリルは加熱すると非常に糖度の高いプロピルメルカプタンという物質に変化します。玉ねぎを加熱すると甘くなるのはこのためです。

高血圧、動脈硬化の予防
硫化アリルは動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓ができにくくする作用があります。よく『血液がさらさらになる』といわれるのはこのことだったんですね。この作用で、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果があります。

疲労回復に
硫化アリルはビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進するはたらきがあります。ビタミンB1は、糖質を素早くエネルギーに変える栄養素で、不足すると、疲労、食欲不信、不眠、イライラなどの症状がおこります。ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉やハム、かつお、大豆などなので、これらと一緒に料理すると上記症状の予防に効果大です。

食欲増進に
硫化アリルは、加熱することにより無くなってしまうため、上記の効果を期待する場合には、生食するのが一番良い方法です。ただし、これらの化合物は、玉ねぎ内に含まれる酵素の作用により、熱に強い成分に変質します。玉ねぎを炒めるなど、火を通す調理に使う場合は、切ったあと1時間ほど放置したあとで火にかけると良いでしょう。

<レシピ> 2人前 1人前あたり約100円

鳥ハム
鳥胸肉      1枚(約200g)
塩        小さじ1/2
砂糖       小さじ1/2

黒酢玉ねぎドレッシング
玉ねぎ      50g
黒酢       大さじ2
サラダ油     大さじ1
塩        小さじ1/4
砂糖       ひとつまみ
ホワイトペッパー 少々

1.鳥胸肉は皮をはずし、余計なスジや脂を取り除くimage

2.均等な厚さになるように開き、格子状に切れ込みを入れ、塩、砂糖をすり込むimage

3.ラップを使い鳥胸肉を巻くように丸め空気が入らないように両端をきつく結ぶimage

4.沸騰したお湯の中に入れ蓋をし、火を消してお湯が冷めるまで放置するimage

5.玉ねぎはすりおろし、その他の調味料をいれよく混ぜるimage

6.器に適当な大きさに切った鳥ハムを並べ上から黒酢玉ねぎドレッシングをかける

 

 

image玉ねぎは生のまますりおろしているので、栄養を損なうことなく摂取することができます。

[最終更新日]2015/05/06

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る