遺伝子検査キットでパーキンソン病がわかる?

マイコード結果

てすと

原因不明の神経変性疾患パーキンソン病は遺伝子検査キットでわかるものなのか?

パーキンソン病Parkinson’s Diseaseは原因不明の神経変性疾患とされ、主に40歳から50歳以降に発症例が多いとものになります。ゆっくりと進行していくため、その発症に気付かないという事も多い疾患になりますが、これから高齢化社会を迎えるにあたって、ますますその患者数は増えるといえるでしょう。また、一般的には遺伝する病気とはされていませんが、遺伝子に異常がある方が発症の可能性があると言われています。

日本国内でも有名大学で神経疾患の遺伝子解析は行われていますが、これらは一般的なものとは言えません。パーキンソン病についてもこれらの大学で遺伝子検査を実施するのは可能ですが、簡易的に検査キットで行うこともできます。簡易的ではありますが、かなりの情報を得ることができると評判です。単なる発症の危険性だけでなく、一般的な人と比較してどれほどの発症リスクがあるのかなども教えてくれます。

検査キットで行われる遺伝子検査は、そのプライバシーが心配になりますが、本人にしか閲覧できないように工夫されています。また、重篤な疾患を閲覧する場合には、勇気と覚悟も必要になるものです。医療機関でのインフォームドコンセントには大変な配慮がなされますが、近年では簡易検査キットでの閲覧でも、これに近い配慮がなされていると言っても良いでしょう。

[最終更新日]2016/08/01

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る