乳がんは遺伝子検査キットでわかる?

近年女性の乳がん患者が非常に増えています。また、日本人女性が掛かる癌の中で最も多いものが乳がんという統計結果もあります。この理由として、時代の変化と共に食生活が変化したことや、美容方法の変化などが原因として挙げられています。

アメリカ人女性の8人に1人は乳がんにかかるとされていることもあり、その関心は非常に高く、映画女優のアンジェリーナジョリーも発症前に乳房切除手術とその再建手術をうけています。そのきっかけとなったのが遺伝子検査と言われています。乳がんは遺伝性が高いと言われ、祖先に乳がん患者が存在する場合、発症リスクも高まると言われていることから、アメリカでは遺伝子検査も乳がん検査の方法の一つとして認知されています。

しかし、日本では乳がんへの関心はまだ低いと言っても過言ではありません。その理由として、マンモグラフィー検査には痛みを伴う事、習慣的に乳房をさらすことに抵抗を感じる人が、非常に多いためとも言われています。しかし、乳がんは命に係わる非常に恐ろしい病気です。精神的に楽といわれる遺伝子検査を受けることは、日本人向けの検査ですので是非受検すべきといえます。遺伝子検査で乳がんの発症リスクを図ることは、乳がんに関心を持ってもらう上でも大変有意義と言えるでしょう。

[最終更新日]2016/08/01

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る