マラリアは遺伝子検査キットで把握できるのか?

マイコード口コミ

マイコード遺伝子検査サービスを割引価格で利用する方法と、実際にやってみた体験談について詳しくまとめています。

マラリアの検査方法について

マラリアといいますと、南米のアマゾンや亜熱帯地方の病気に思われがちですが、近年ではその様相は変わりつつあります。日本の近郊でも、マラリア原虫を持つ蚊が生息しているとされていて、比較的近い地域でも発病の可能性はあるのです。

マラリアに感染すると1~4週間の潜伏期間の後、悪寒や震えなどを伴って発熱がおこります。様々な種類のマラリアがありますが、中でも熱帯熱マラリアに感染すると発症から24時間以内に治療しないと、命を落とす事さえもあります。そのため、マラリア流行地に入って1週間目以降に、マラリアの症状が現れた場合には、早急に検査をする必要があるわけです。

マラリアの検査には光学顕微鏡で血液サンプルを調べるのが一般的です。しかしこの検査方法には、専門の設備と熟練工による技術が必要になりますので、素人が簡単にできるようなものではありません。そこで、簡単に検査できる方法の一つとして、遺伝子検査による検査キットが存在します。これは数分で原虫を検出できるもので、汎用性の高いものと言えるでしょう。しかし、検査キットでは原虫を特定することは出来ませんので、万一感染が疑われる場合には、早急に専門の病院にいく必要があります。

[最終更新日]2016/07/29

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る