濾胞性リンパ腫は遺伝子検査でわかる?

濾胞性(ろほうせい)リンパ腫とは、悪性リンパ腫の一つでとても進行の遅い疾患と言われています。そのため、病気に気付いた時には時すでに遅く……というケースも少なからずあるようです。悪性リンパ腫とはリンパ組織の癌ですので、そのイメージはとてつもなく恐ろしいものに思えますが、一般的には固型の癌よりも治療できた症例が多いことも知られています。つまり、早期に発見することで治癒できる可能性も高まるというわけです。

しかしながら、根治するというのは非常に難しく、何度も再発してしまうケースのあるのですが、とにかく早期に発見して治療するしかありません。その特徴として、首筋のリンパが腫れているかが一つの目安になりますが、素人の生兵法はけがの元です。専門の医療機関で診察してもらいましょう。

それでもリンパが腫れていて、病院で診察を受ける勇気のない人は、遺伝子検査キットで簡便に可能性を図ることはできます。検査によって濾胞性リンパ腫が発症するリスクと、一般的な日本人と比較して自分の遺伝子がどのグループに属しているかなど、詳しいデータを示してくれるでしょう。これによって病気を予防できるという訳ではありませんが、自分の状況を知ることで、病気への意識が向上するのは間違いありません。

[最終更新日]2016/08/01

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る