遺伝子検査キットでals筋萎縮性側索硬化症がわかる?

alsとはあまりなじみのない病名ですが、筋萎縮性側索硬化症といわれるもので、文字の通り筋肉が委縮し硬化していくことで、運動機能が失われ生命にかかわる恐ろしい疾患です。近年ではアイスバケツチャレンジという、氷水を頭からかぶって、病気に近い状態を体験するという動画が流行りました。また、有名人では論理物理学者のホーキング博士や、もと大リーガーのルーゲーリック選手などが発症しました。ホーキング博士は長寿ですが、この疾患によって亡くなってしまうのも珍しいことではありません。

この筋萎縮性側索硬化症(ALS)は特に重篤な病気とされていて、万一自分がこの病気にかかってしまったら…と心配になってしまう事もあるでしょう。しかし、一般の病院で診察してもらってもこの病気の可能性を知る事は簡単ではありません。病院では専門性が問われますが、遺伝子の検査キットなら気軽に知ることはできます。

この筋萎縮性側索硬化症(ALS)は非常に重篤な疾患であることから、その遺伝子検査キットでもプライバシーは厳重であるべきです。そのため、検査キットによる診断も簡単に閲覧できないような仕組みになっています。また、医療の素人にも簡単にわかるように配慮されていますので、気軽に受けることができるでしょう。

[最終更新日]2016/08/01

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る