はげは遺伝子検査でわかる?

AGAの遺伝子検査について

ハゲ治療は男性・女性問わず非常に興味深い分野と言えます。そして近年はハゲ治療も科学的になってきて、気休めの毛生え薬での治療というのはほぼなくなってきています。近年ではハゲ治療はAGA治療と言われ、薬品での治療が主流になり成果を上げている人も少なくはありません。しかしながら、AGA治療を専門とする病院でも、効果を挙げられる人とそうでない人が存在します。

AGA治療の病院で最初にすることは遺伝子検査になります。はげてしまう人にはその遺伝子配列があり、その配列によってタイプ分けがされ、その中でも効果的な治療が分類されるのです。つまり、ハゲ治療は今や遺伝子からの治療となり、遺伝子検査は無くてはならないものなのです。別の言い方をするならは、自分の遺伝子タイプを知らないままAGA治療を行っても、効果的な治療を施しているとは言えないのです。

自分が禿げやすい遺伝子を持つかどうかは、遺伝子検査キットで簡単に知ることが出来ます。最も簡単なものでは、自分の唾液をキットに入れてラボに送るだけ……というものでしょう。今のところ、確実に効果を挙げられるようなAGA治療方法を、教えてくれる遺伝子検査キットはありませんが、若いうちに自分が禿げる可能性を知っておくことは、予防のために有効な方法と言えるでしょう。

[最終更新日]2016/08/03

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る