遺伝子検査キットでアルツハイマー病がわかる?

遺伝子検査サービスでアルツハイマーになりやすいかがわかるのか?

アルツハイマー病は、65歳以上の人が10人に1人は発症するとされている認知症の一つで、これから高齢化社会を迎えるにあたり、ますます増えていく疾患と言われています。しかし高齢者になってから突然発症するというものではなく、脳内に一種のタンパク質が蓄積していくことで、」神経細胞が破壊され脳が委縮していく恐ろしいものです。現代ではその発症を遅らせられる薬が開発されましたが、治療方法は確立されていません。しかし、早期の発見によって病状の進行をさらに遅らせることは可能なのです。

より早くアルツハイマーの可能性を発見するための方法として、近年有力視されているのが遺伝子検査になります。アルツハイマー病にはある特定の遺伝子を持っていると、その発症リスクが大きく高まるため、これを検査すればよいわけです。この検査によって比較的簡単、かつ短期間のうちに発症の危険度を知ることが出来るでしょう。

しかしながら、単にアルツハイマー病発症の危険度がわかっただけでは、予防にはなりません。その危険度を知ったうえでの具体的な予防行動が必要になります。アルツハイマー病は生活習慣病とする向きもあり、検査を機会に自己の生活を改めるきっかけにしたいものです。

[最終更新日]2016/08/01

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る