【ルテインサプリ比較】機能性表示ロート製薬ロートV5粒とさくらの森めなり

ロートV5粒とめなりを比較

機能性表示食品ロートV5粒とさくらの森めなりの天然ルテインゼアキサンチンサプリメントを徹底比較してみました。
見る力を支える5つの要素(網膜,毛様体筋,水晶体,涙液,血流)に効果的に作用するルテインとゼアキサンチンを配合していますが、共にさくらの森めなりの方が配合量が優位に立っています。

スマホ老眼サプリ比較

ゼアキサンチン2mg配合のロートV5粒

ルテイン,ゼアキサンチンを配合したスマホ老眼サプリ

機能性表示食品ロートV5粒とめなり

機能性表示食品ロートV5粒とめなり

ロートV5粒には、必須脂肪酸といわれるDHA含有生成魚油が配合されています。

成分表示比較

成分表示比較

めなりで飛蚊症改善ができた50代男性の口コミ評判

飛蚊症が気になってストレスになる事もあるのですが、眼科に行ってもほとんど処置もしてくれません。有効な治療方法がないとのことです。ある程度のアドバイスはしてくれますが、サプリメントなどで栄養補給をしてください、といった程度の事です。問題はたくさんあるサプリメントの中からどれを選ぶかですが、私は“なめり”を使用しています。その理由として、口コミでの評価が最も高いから、と言ってよいでしょう。“めなり”はルテインを多く含んでおり、飛蚊症対策には高い評価を得ています。私の場合には老化からくる飛蚊症ですので、自分の症状にピッタリだったという事もありました。

気になる“めなり”の効果ですが、最初の頃はまったく変化がなく、本当に効果があるのか半信半疑でした。しかし、口コミなどを見ていても、即効性を期待するものではなく、根気よく続けるのが大切という事でした。最低でも3ヶ月程度は続ける必要があるとの事で、諦めずに続けたのでした。2ヶ月ほど経ったころ、ようやくサプリメントの効果を実感するようになりました。それは、たまっていた眼精疲労がかなり改善したという事です。肩こりから頭痛にまで発展していた眼精疲労も、“めなり”のおかげで随分回復しました。“めなり”を使用しだしてから3ヶ月たった頃、少し飛蚊が軽減したと思います。それまでは、少し明るいところへ出ただけで、かなりの飛蚊がありましたが、今はそれほど気になりません。

せっかく改善した視力ですから、このまま続けてなんとか維持していきたいと思っています。これから年齢を重ねていくと、さらに大きな疾患に直面する可能性もあります。飛蚊症は何もしないまま処置を放っておくと、いずれ緑内障や白内障の原因にもなりかねません。50代にもなりますと、老後の事も考え目によい栄養素もしっかりとる必要があるでしょう。“めなり”はそういう意味で長い付き合いをしていく、頼りになる目の健康のためのパートナーと考えています。

[最終更新日]2017/04/22

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る