マルハニチロのDHAEPA機能性表示食品評判口コミまとめ

DHAのチカラフィッシュソーセージ口コミ

DHAサプリ

必須脂肪酸のDHAEPAを気軽に摂取できるマルハニチロの機能性表示食品をまとめてみました。

マルハニチロの機能性表示食品

マルハニチロの機能性表示食品

マルハニチロさば水煮

健康維持のために、食事の栄養バランスを考えたり、見直したりするのはとても良い事です。
魚は体に良い油を含んでいるので、積極的に取り入れたいところですが、下処理が面倒だったり、生臭さが気になったりして、敬遠する人も多いです。
そんな時におすすめなのが「マルハニチロさば水煮」です。

見た目はよくある、さばの水煮の缶詰ですが、実は缶詰では初となる「機能性表示食品」なのです。
機能性表示食品というのは、商品を製造している業者やその責任者が、独自に臨床試験を行い、データを取り健康効果が認められた場合に、消費者庁長官に届出をして認められたものです。
副作用については臨床試験の時にもリスクがない事を確認していますが、アレルゲンが含まれている方は注意してください。
さばの副作用の特徴としては、皮膚の痒みや赤み・じんましんなどですね。

マルハニチロさば水煮を、臨床試験で食べ続けたところ、この商品に含まれるDHAとEPAが、中性脂肪を低下させる有効性が認められています。
1缶190gの缶詰の中に、DHA516mg、EPA344mgの計860mgが含まれています。
臨床試験で有効性が認められたのは、1日に860mg以上の摂取ですから、マルハニチロさば水煮1缶だけでも十分な量をクリアできます。

缶詰は缶切り不要のプルトップタイプだから使いやすいし、未開封の状態ならまとめ買いしても日持ちするから便利です。
そのまま食べてもいいし、キュウリやミョウガなどの薬味を入れた冷汁にしたり、ネギをたっぷりいれた味噌汁にしたりすると美味しくておすすめです。
トマトとチーズ、玉ねぎを乗せて焼くと、イタリアン風になってさらに美味しくいただけます。
痩せるホルモンが出てダイエット作用があると言われます。
効果なしと決めつけずにマルハニチロさば水煮を試してみてはいかがでしょうか?

マルハニチロフィッシュソーセージ

魚には健康維持に役立つ成分や栄養素が豊富に含まれています。
しかし独特の生臭さや骨がある事から、子供は敬遠しがちです。
なんとか食べてもらおうとあれこれ工夫しても、なかなか食べてくれない時は、「マルハニチロフィッシュソーセージ」がおすすめです。

フィッシュソーセージといっても、魚肉ソーセージのイメージが強いですが、マルハニチロフィッシュソーセージは、栄養成分が注目されています。
魚をすり身にして、加工する事でソーセージ状にしますが、今はDHAやカルシウムなどを配合した、機能性表示食品としても認められています。
まずフィッシュソーセージは、ウィンナーよりも脂肪分が少なく、タンパク質が豊富です。
カルシウムを配合しているから、育ち盛りの子供や、女性が骨粗しょう症予防として取り入れるのもおすすめです。

マルハニチロフィッシュソーセージは、DHAが配合されていて、1本あたり850mgという高含有なところも魅力です。
臨床試験の結果、1日1本のマルハニチロフィッシュソーセージを4週間食べ続けた事で、中性脂肪が26%前後減少したデータが確認されています。
これはメタボ予防にも役立つ作用です。

マルハニチロフィッシュソーセージに使われているのは、スケソウダラ、シロガネダラ、アジ、ホッケ、ヒメジ、タチウオ、サケ、イトヨリダイなどです。
機能性表示食品ですから副作用の心配はほとんどありませんが、原料にアレルゲンが含まれる場合は注意してください。

マルハニチロ油そのままツナフレーク

ツナ缶は手軽に魚が食べられて、適度にオイルも入っているから、そのまま酒の肴にしたり、パスタやサラダに混ぜたりして使える便利な食材です。
しかしツナをオイルにつけているので、どうしても油分が多くなってしまいます。
油が美味しいというところもありますが、中性脂肪やカロリーを気にしている人は、できるだけ避けておきたい食材でもあります。

どうしてもツナが食べたい時は、「マルハニチロ油そのままツナフレーク」がおすすめです。
マルハニチロ油そのままツナフレークは、名前からも想像できるように油がそのまま入っています。
でもトクホのヘルシーリセッタを使用しているから、ツナ缶にありがちな、油をしっかり切らないといけないという手間がかかりません。
油ごと食べても1缶で、110kcalとなかなかの低カロリーです。
ヘルシーでカロリーも控えめですが、しっかりと油分があるから物足りなさを感じません。
ヘルシーリセッタは、体に脂肪が付きにくい事が認められたトクホですから安心して食べられます。
血液をサラサラにするEPAが含まれてダイエット・健康効果があったり貧血やお肌・ダイエット効果などさまざまです。
何も効果なしという事はありません。

サラダやパスタに混ぜてもいいし、チャーハンやおにぎりの具にしても美味しさはそのままでカロリーを大幅にカットできるのが魅力です。
マルハニチロのツナ缶はいくつかの種類がありますが、マルハニチロ油そのままツナフレークに関してはアレルギー物質となるものは含まれていませんので、副作用のリスクもほとんどありません。
1缶で70gありますが、オイルがそのまま使えるから意外と満足度は高くなっています。
1缶あたりの脂質は7.2g、塩分は1gとかなりヘルシーです。

マルハニチロさけフレーク

健康維持を考える時は、適度な運動を取り入れる事が大切です。
それ以外にも毎日食べる食事は、摂取するものにより健康状態も大きく変わってきます。
日本人は元々魚や野菜中心の、どちらかというと質素な和食が一般的でした。
しかし食生活の欧米化に伴い、日本の食卓も大きく変わってきています。

魚や野菜をほとんど食べずに、肉や揚げ物ばかり食べている人も増えており、生活習慣病も増えています。
魚を食べる場合は、種類により調理法もいろいろですが、さけフレークは、そのままご飯にかけたり、チャーハンを作ったりする時に便利です。
ただし塩分が高いので、食べ過ぎないように注意が必要です。
さけの主な効果については健康面でも幅広く活性酸素をおさえて動脈硬化の防止や老化防止などがあげられます。
特に動脈硬化については一見効果なし?と思われがちですがお勧めです。

「マルハニチロさけフレーク」は、DHAとEPAを配合した機能性表示食品です。
独自に臨床試験を行い、その結果中性脂肪を低下させる機能がある事を確認しています。
ただのさけフレークではなく、機能性表示食品というところがポイントです。
フレークシリーズには、一般的なさけフレークもありますし、鳥そぼろや、紅鮭ほぐしなどいくつか種類があります。

ただ機能性表示食品なのは、フレークでは「マルハニチロさけフレーク」だけです。
原料はサケですし機能性表示食品ですから、臨床試験の時に副作用がない事も確認しています。
ただサケがアレルゲンの場合は注意してください。

中高年に差しかかると、加齢により基礎代謝が下がってくるので、どうしても太りやすく中性脂肪もたまりやすくなります。
毎日の食事に取り入れるだけという、手軽さもメリットです。

[最終更新日]2017/02/28

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る