DHAEPAの効果的な摂取の仕方とは?

DHAEPAの効果的な摂取の仕方

EPAやDHAなどといった必須脂肪酸を補う主だった方法は青魚などの食事からの摂取とEPAサプリメントによる摂取が挙げられます。どちらから摂取するケースでも、その含有量や摂取方法などにすこし気にかけてみることで、サラサラ成分を効率良く摂取する事が可能なのです。

例えば、食事で青魚を食べる場合は調理の方法によってその一部が失われEPAの含有量が減少するため、栄養成分が流れ出ないように調理の仕方を一工夫する必要が出てきます。

併せて、必須脂肪酸は酸化に弱い物質であるため、成分の酸化を防ぐはたらきのあるものと一緒に摂取するのが望ましいとされています。

EPAをサンマなどの青魚から摂る場合 EPAを青魚から摂る場合は調理方法を工夫した方が良いでしょう。EPAを魚から摂る場合、刺身などの生食が一番多くEPAを摂取可能ですが、焼き魚や煮魚にしてしまうと、加熱により破壊されたり煮汁と一緒に流れ出ていってしまい、最終的には減少してしまうことになります。

また、魚の種類によってEPA含有量は違い、1日の適正量も異なります。厚生労働省の推奨している1日のEPAおよびDHA摂取量は1,000㎎となります。

基本的にDHAを多く含む魚には、比例してEPAも多く含まれていることが多いです。

EPAをサプリメントなどから摂取しようとした場合、成分量ばかりに気を取られるのではなく、機能的な効果が得られるEPAサプリメントを選ぶのがポイントです。

具体的には、相乗効果のあるDHAを同時摂取する事が出来て、成分の酸化を防ぐはたらきのあるクリルオイルなどの成分が入っているオレンジ風味のきなりなどがおススメです。

きなりとやずや青魚の知恵DHAサプリ比較【決定版】さくらの森きなりVSやずやの青魚の知恵DHAサプリ徹底比較
長期間に渡りサントリーのセサミンEX一人勝ちだったDHAサプリ市場ですが、最近では大正製薬や味の素などの大手企業が装い新たにDHAサプリを販売開始するなど各社のDHA・EPAサプリメントにかける意気込みは年々強くなっています。そんな中で、今回は魚臭くないDHAEPA...

現代人の欧米化している食生活ではおよそ4割ほど厚生労働省の推奨摂取量に対して不足しているというデータもでています。

ですが日々の食事できっちり青魚を食べる方は、それだけで十分に1日1,000mgのEPAを摂取出来ていることが考えられます。EPAは多ければ良いと言うものではなく、何事も適度が大切です。

食事でEPAを摂取する際にはビタミンEが多く含まれている食品、具体的にはカボチャやピーマンなどが推すすすめです。

またセサミンが含まれているゴマなどを一緒に摂るのもよいでしょう。

[最終更新日]2016/08/09

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る