厚生労働省がおすすめするDHA1日の推奨摂取量はカツオの刺身55切れ分!?

katsuo-dha

美健知箋EPA&DHA

厚生労働省が推奨しているDHA・EPAの摂取量は「1日あたり1000mg(1g)」が目安となっています。
これを主要な青魚に置き換えて計算すると、、

アジやサバの刺身は5切れでDHA・EPA1000mg分

saba

サバ(鯖)

aji

アジ(鯵)

マアジ約150gでDHA・EPA1000mg分

maaji

マアジ(真鰺)

マイワシ約40gでDHA・EPA1000mg分

maiwashi

マイワシ(真鰯)

クロマグロ赤身の刺身9人前でDHA・EPA1000mg分

kuromaguro

クロマグロ(黒鮪)

これだけでも十分に面食らうほどの必要摂取量であるということがお分かりかと思いますが、極めつけは…

カツオの刺身55切れでDHA・EPA1000mg分!

katsuo-dha

カツオ(鰹)

katsuo-kun

これは宴席などで大皿で出される刺身盛りを1枚そのまま平らげる計算になってしまいます。
しかもこれを毎日摂取しましょうというので、食事でDHAを摂取するのは非常に大変なのです。

そういった時に、必要量をしっかり補えるDHAサプリメントは効果を発揮します。
ある統計では、98%のアメリカ人が「DHAは健康維持に不可欠な成分」と認識しているとの結果も出ています。
既にアメリカでは食事と共にDHAサプリを摂取するのが常識になっています。

[最終更新日]2016/09/17

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る