冠状動脈疾患の予防のためのEPAとは?

EPAが豊富なサバ

EPAとは何か?

EPAは、エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)の頭文字で、炭素数20、不飽和結合5のn-3系(omega 3)の多価不飽和脂肪酸です。同様にオメガ3の1つであるDHAとともにα-リノレン酸から合成されます。
サバやイワシ、マグロなどの青魚に含まれる脂肪酸で、体内では合成することができない必須脂肪酸の1つです。

EPAは、中性脂肪やLDLコレステロールを低下させ、動脈硬化を防いだり、血栓ができるのを防いだりする働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧などの病気を予防する効果があると実証されています。
北極圏(シベリア極東部・アラスカ・カナダ北部・グリーンランドなど)の先住民族であるイヌイットは、青魚なアザラシを主食とするため脂肪摂取量が多いのですが、心筋梗塞や脳梗塞などの病気が非常に少ないことから、魚に含まれるEPAが世界的にも注目されることとなりました。

EPAはこういった方に摂っていただきたい成分です

  • 動脈硬化を予防したい
  • 中性脂肪値やLDLコレステロール値を下げたい
  • 高血圧症を予防したい
  • 脂質異常症や虚血性心疾患、脳卒中を予防したい
  • 座骨神経痛などの神経痛を和らげたい

LDLコレステロールは通称「悪玉コレステロール」と呼ばれており、中性脂肪値と数値が比例しています。EPAのような良質な油を摂取することで、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、LDLコレステロールを減らすことができます。

EPAの摂取しすぎに要注意!

EPAは、体内の血液凝固抑制作用があるので、摂取をしすぎると鼻血など出血しやすくなり、注意が必要になってきます。
厚生労働省が推奨しているEPA/DHAの1日あたりの摂取量は1g(1,000mg)と言われていますので、その範囲内でコツコツ継続して栄養成分を摂取する必要があります。

とはいえ、毎日の食生活でEPA/DHAを1日1g摂取するのは大変です

よほど意思の強い方でないと、毎日の食生活でEPA・DHAを摂取するために青魚を食べ続けられないのではないでしょうか。
私の場合、魚は嫌いではありませんが、内臓や骨取りがめんどうくさいため積極的には調理はしないタイプです。その分、外食では魚料理を積極的に選ぶようにしています。

また、DHA・EPAは熱にめっぽう弱いという弱点をもっており、普通に焼き魚などにして食べてしまうと栄養成分が流れ出たものを口にせざるをえなくなります。かといって、毎日サバやマグロのお刺身を食べ続けるのは非現実的と言えます。

そこで、大手製薬会社や、水産加工会社、健康食品会社がこぞってDHA・EPAの推奨摂取量を補うことを目的としたサプリメントを製造販売することとなり、2015年時点では特定保健食品(通称トクホ)、機能性表示食品といった効果効能(エビデンス)が認められるサプリメントも多数登場してきました。
近所のスーパーや薬局でも一番目立つところにサプリメントが展示されているのをご覧になられた方も多いと思います。

そんなDHAEPAサプリを、費用対効果が高い順にランキング形式でまとめましたのでサプリ選びの参考にしていただければ幸いです。

お手軽にDHAEPAを摂取できるサプリメントランキング

DHAEPAサプリメントおすすめ【決定版】効果実感!おすすめDHAEPAサプリメント比較ランキング2017
青魚由来のDHA・EPA・ARA、αリノレン酸の亜麻仁(あまに)油や畑の青魚と呼ばれるえごま油などオメガ3(必須脂肪酸)には様々な種類のものがありますが、その中でも費用対効果の高いDHAドコサヘキサエン酸,EPAエイコサペンタエン酸サプリを比較ランキング形式でご紹...
[最終更新日]2015/07/17

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る