【保存版】ルテインサプリの5つの効果効能に関するまとめ

ルテイン配合量1位のケール

眼科でも摂取するように勧められている、ルテインサプリメントの5つの効果効能についてまとめてみました。
めなりや一望百景などおすすめのルテインサプリメントが一体どんな効果をもたらしてくれているのかサプリメントマイスターが具体的な事例とともに解説します。

ルテインサプリの加齢黄斑変性症の予防効果についてわかりやすくご説明

加齢と共に目に疾患を抱えてしまうリスクも高まりますが、その原因の一つとして、目の中のルテインの減少が引き起こしているとも考えられています。その目の疾患の中でも、ものが歪んで見えたり、視界の中央が暗く見えたりするなどの症状を現すものもあり、それは加齢黄斑変性の可能性が考えられます。そしてこれはルテインの摂取によって、防ぐことができると考えられています。

加齢黄斑変性は、目の中で重要な働きをしている黄斑が、加齢の影響で損傷し、視力の低下を招いているものになります。加齢が進むほど発症リスクを高める事が分かっていますが、その対処方法としてカロテロイドを摂取するのが有効という研究報告があります。カロテロイドでもルテインが最も効果を発揮するということも分かっていおり、目の疾患を防ぎ健康を保つためには、ルテインを毎日6~10mg程度摂取すると良いと言われています。これを普段の食生活で補うには大量の野菜類を食べる必要が生じますが、効率よく摂取するためには、サプリメントの利用が最も簡単な方法と言えるでしょう。

加齢黄斑変性も、かつては治療が困難な目の疾患と言われてきました。その治療には手術が必要でしたが、どれだけ医療技術が発展しても、目にメスを入れるという行為は大変な恐怖を伴うでしょう。また、手術を実施しても確実に良くなる保証はありません。そのため少しでも目の負担を軽くする、又は加齢黄斑変性のリスクを下げるには、ルテインなどのサプリメントを摂取するのが最も合理的な治療方法なのです。

加齢黄斑変性の予防には一日に40mgのルテインを摂取するとよいとされています。しかし、前述もしましたが、これだけのルテインを自然の食事から摂るのは不可能と言ってよいでしょう。また、サプリメントでも配合量が異なりますから、その商品の選択には十分に注意を払う必要があります。簡単な口コミや氾濫する情報だけを当てにせずに、実績豊富なサプリメントを選ぶ必要があります。

ルテインサプリの飛蚊症改善効果についてわかりやすくご説明

加齢とともに目の疾患を抱える人が多くなっていきますが、飛蚊症もその一つです。飛蚊症とは視界の中で蚊が飛んでいるように見える症状を指すのですが、これを改善するのはなかなか難しいと言われています。多くの人が気にする症状ですが、眼科に行ってもまともに処置をしてくれる事は少ないようです。多くの場合、気にならなければ何もしなくても大丈夫といった他人事で済まされてしまいます。しかし、患者にとっては何とかしてほしいものです。飛蚊症に限らず目の疾患の予防や改善には、ルテインがよいと言われています。ルテインは目に必要な要素を補ってくれる成分としても知られ、目の疲れを癒やしてくれる成分です。飛蚊症の治療には有効な方法は無い、といわれていますが民間治療においてはルテインの服用は効果をもたらすものとして知られています。

すべての飛蚊症に悩む人たちに効果がある、とは言い難いのですがルテインを飲み続けた事で改善された方はたくさんいます。その経緯としては、とにかく毎日ルテインを飲み続けることが肝要です。効果が現れないからといって、のんだりのまなかったりという事になるとまず効果は無いでしょう。また、これも人によるとは思われますが、ルテインを飲み続けた事で、完全に飛蚊症が治った!という人もいれば、わずかに改善したという人など、その効果はまちまちのようです。

しかし、ルテインは目のさまざまな疾患に確実な効果があるものとして定着しています。加齢とともに白内障や緑内障といった深刻な疾患の可能性が出てきますが、飛蚊症はその前ぶれとも言えるものです。飛蚊症が現れたら、その後もっと恐ろしい疾患につながるものとして、早いうちにルテインなどを含むサプリメントで予防する事をお勧めします。ルテインを含むサプリメントは多数存在します。ルテインとして謳われている商品にも効果が高いものとそうでないものが存在するようです。どれを選んだらよいかわからない時には、体への吸収率が高いものを選ぶとよいでしょう。

ルテインサプリの白内障予防効果について

高齢化社会を迎えるにあたり、目のトラブルを抱えるひとはとても多いとのことです。高齢化に伴う目の病気の大きな代表として白内障が挙げられます。白内障ですぐに失明してしまうという事はありませんが、放っておくと視力がどんどん低下して日常生活に支障をきたす事になるでしょう。

白内障の主な原因は目の水晶体が酸化され、それが進むと目の内部が変性して白く濁るところが原因です。この症状が進むと目の白化がさらに進み、視野が狭まったり視界がぼやけたりしてしまうのです。高齢になるほど水晶体の酸化が進み、目が見えづらくなるという訳です。つまり、体の酸化を防げば白内障のリスクも低減することができるでしょう。体の酸化を防ぐものとしてさまざまな成分がありますが、実は目の酸化に効果がある成分はルテインしかありません。ルテインは目の水晶体に含まれていて、これを補給する事は目の酸化を食い止めるのに効果を発揮している事も考えられます。

白内障にかかると目が白濁化して、手術なくしては二度と戻らないと言われていました。しかし目の手術ともなりますと、抵抗を感じる人も少なくはないはずです。手術のテクノロジーが向上しても、施術は成功せずに視力の向上も望めなかった例もたくさんあります。そのような中でルテインは救いの神といってもよいでしょう。

ルテインによる白内障の改善は、現在ではよく知られた事です。ルテインは白内障だけでなく目の疾患に非常に効果的という事が分かって生きています。ルテインを経口から摂取した50人の白内障患者全員に効果があり、その視力が0.4近くも向上したという研究結果も存在します。また、近年販売されている目のためのサプリメントには、ルテインが含まれている商品も多数存在し、それによって白内障についても大きく改善したとの報告もあるようです。手術が必要と診断された60歳以上の白内障患者でも、数か月ルテインを摂取したことで改善した例もあり、極端なものになると0.3だった視力が0.8にまで向上したというものもあります。このようにルテインを摂取する事は、目に疾患を抱える人にとって、有効な治療方法と言えるでしょう。

ルテインサプリの緑内障予防効果について

緑内障という目の病気の事を知りますと、目への栄養補給の大切さがよくわかります。目の栄養といってもなかなか思いつきませんが、最近話題になっている成分としてルテインが挙げられます。サプリメントとしてのルテインは近年、目の疲れを取ってくれるものとして大変評判になったものです。目によいサプリメントはたくさんありますが、今ではルテインは定番と言ってよいでしょう。

そんな目によい効果をもたらすルテインですが、具体的には緑内障への予防効果を謳い文句にしている製造会社もあります。ルテインは目によい事は確かですが、緑内障に確実に効果があるかの実証はなされていません。緑内障の原因として挙げられるのが、眼圧の増加です。つまり緑内障の進行を止めるには、眼圧をあげないように努力する必要があります。眼圧があがる原因はまだよくわかっていませんが、生活習慣も大きく関与しています。運動などをして血流を良くするのも予防方法の大きな手立ての一つですが、運動も時間をかけて行わなければあまり効果がありません。

その効果をもたらすものとして、ルテインの摂取が非常に有効なのだそうです。もちろん緑内障を治療してくれる魔法の薬ではありませんが、その進行を遅らせてくれる可能性を持つ成分という事です。現実に緑内障を発症してからルテインの服用しだし、その後症状が改善した例が数多くあります。緑内障の初期症状として目のかすみや視野の減少などが挙げられますが、眼圧を下げる、血流を良くするといった基本的な事で改善するのはよくあります。ルテインサプリメントにはカロテノイドという成分が含まれ、眼精疲労を回復させる上でとても効果的と言えるでしょう。

緑内障の治療には、最終的には手術をする事になります。しかし目の手術にはリスクを伴いますから、出来るだけ避けたいものです。手術に頼らずに自分で治療するには、ルテインなどの目に良いサプリメントを取る事で、予防や進行を遅らせる事ができるでしょう。

ルテインサプリの認知症予防効果についてわかりやすくご説明

アルツハイマー型認知症の原因は、脳細胞が破壊されることから始まります。これまではなぜ脳細胞が破壊されてしまうのかは謎とされてきました。これはアルツハイマー型認知症の発症が年齢に比例しない事に由来します。つまり、年齢を重ねて者がすべてかかる病というわけではなく、人によって異なる、という点が最も大きな謎だったのです。

近年分かってきた事で、脳にアミロイドβという老廃物が蓄積されることがアルツハイマー型認知症に関係している事が分かってきました。つまりアミロイドβを減らす事でアルツハイマー型認知症を予防できるかもしれないという事です。アルツハイマー認知症病患者の血中には、老化した赤血球が多く存在し、これらの異常な赤血球が脳の酸素不足をもたらしていると考えられています。近年の研究によるとこれら異常な赤血球は、健常者の5~6倍の過酸化リン脂質が蓄積され、カロテノイドの濃度が低くなっているということです。

そこで、アルツハイマー型認知症の有効な予防方法として、ルテインを補給する事が考えられます。ルテインは、カロテノイドと呼ばれる成分の一種です。近年、眼精疲労の対策サプリメントとして脚光を浴びていますが、目に良いだけでなく認知症予防にも効果がある、というわけです。ルテインは目の健康維持だけでなく、強い抗酸化作用を持っていると言われています。この強い抗酸化作用が赤血球の老化を防ぐ働きも持っており、ある実験では赤血球の老化を示す過酸化リン脂質の数値を、実験前の3分の1にまで減少していたのです。この点からルテインがアルツハイマー型認知症の進行速度を遅らせてくれる事が分かります。

また、ルテインは活性酸素の除去にも一役かってくれます。活性酸素は脳にも体内のあらゆる機関に悪影響があり老化現象の一因ですが、脳にも良くない影響を与えると言われています。ルテインの摂取を恒常化させることは、脳が受けるダメージを減少させ、脳を老化からまもるという観点で非常に有効な栄養素と言えます。

[最終更新日]2017/04/07

関連記事

kintoresapurihikaku2 meniyoisapuri namakousoranking dhaepasapuri
ページ上部へ戻る