アーカイブ:2016年 8月

  1. 濾胞性リンパ腫は遺伝子検査でわかる?

    濾胞性(ろほうせい)リンパ腫とは、悪性リンパ腫の一つでとても進行の遅い疾患と言われています。そのため、病気に気付いた時には時すでに遅く……というケースも少なからずあるようです。

  2. 遺伝子検査キットでals筋萎縮性側索硬化症がわかる?

    alsとはあまりなじみのない病名ですが、筋萎縮性側索硬化症といわれるもので、文字の通り筋肉が委縮し硬化していくことで、運動機能が失われ生命にかかわる恐ろしい疾患です。近年ではアイスバケツチャレンジという、氷水を頭からかぶって、病気に近い状態を体験するという動画が流行りました。

  3. 遺伝子検査キットでアルツハイマー病がわかる?

    遺伝子検査サービスでアルツハイマーになりやすいかがわかるのか?アルツハイマー病は、65歳以上の人が10人に1人は発症するとされている認知症の一つで、これから高齢化社会を迎えるにあたり、ますます増えていく疾患と言われています。

  4. 遺伝子検査キットでパーキンソン病がわかる?

    マイコード結果てすと原因不明の神経変性疾患パーキンソン病は遺伝子検査キットでわかるものなのか?パーキンソン病Parkinson's Diseaseは原因不明の神経変性疾患とされ、主に40歳から50歳以降に発症例が多いとものになります。

ページ上部へ戻る